権利のこと

特許庁への特許出願について、ややこしい、面倒くさい、難しいといったイメージを持っている人は多いことと思います。
しかし、実際にはそんなことはありません! やり方さえわかってしまえば、そこはきちんとした制度ですから、権利者を守るように作られています。
ですから、出願や申請の仕方を難しくして、その敷居を上げている、なんてことはないですよ。

ここでは、特許庁への出願に関して、問題になりやすい部分や、難しいイメージの原因となっている部分について、詳しく説明しています。
新しい発明が世にでるため、そして経済に貢献するためには、特許権というのは実に優れたシステムなのです。

また、日本の特許庁では、特許権だけでなく、意匠権、商標権の管理も行なっています。
この点についても、経済の発展のために重要なテーマであるため、後に解説することにします。

現在、政争の争点としても注目されるほどの10代な問題になっている経済。
その経済の基礎とも言えるのが、特許庁が管理している、特許権を始めとした、製品に関わる権利なのです。
いわば、これらの権利はさまざまな経済活動の足がかりになっているのです。発明やデザインに関する権利を忠実に守ることではじめて、さらなる発展を担えるのです。

Recommend Entry

フレーズの特許

特許申請できるものって、いったいなんでしょうか?中には禁止事項もあります。例えば「阪神優勝!」など、新聞やテレビなどで使われるであろう言葉を特許として申請するなどです。このような言葉の申請が認められれば、いろんな言葉がメディアで利用できなくなってしまう可能性があるからです。

what's new

2013/05/16
フレーズの特許を更新
2013/01/07
出願の前にを更新
2013/01/07
文化的価値を更新
2013/01/07
権利としてを更新
2013/01/07
経済の基礎を更新
2013/01/07
特許庁への出願をしてください!を更新
2013/01/07
ホームページリニューアル